PPPoEとIPoEの違いと確認方法を解説!速くて快適なネット環境作り

スマホ 通信速度
IOT Naviの前田
こんにちは!全国の中小企業の業務をIT・IoTで安全快適にするお手伝いをしています、IOT Navi®の前田です。

この記事では、インターネット接続の2つの形式「PPPoE」と「IPoE」の違いについてお伝えしていきます!

 

普段何気なくアクセスしているインターネット。その接続方法には2種類あります。

それぞれ特徴を持ち、インターネット環境にも違いが出ます。

データのやりとりがスムーズで、動画など大容量の通信も止まらない。そんな快適なインターネット環境を作るにはどちらを選べばいいのでしょうか?

この記事では、PPPoEとIPoEの違いを通して、ストレスのないネット環境作りのコツをお伝えしていきます。

 

PPPoE接続とは?

PPPoE接続

PPPoE接続(Point-to-Point Protocol over Ethernet)とは、インターネットが使われ始めた時代に開発された方法で、今でも多くの方が利用しています。

電話回線の技術をLANに応用した接続方法です。

インターネット回線やプロバイダを契約した際、「ID」と「パスワード」を発行された覚えがある方も多いと思います。

このIDとパスワードをお手持ちのルーターやパソコンなどに入力すると、インターネットにつながりましたよね?

上記のような手順を踏んで接続するのが、PPPoEの特徴です。

 

IPoE接続とは?

IPoE

IPoE接続(IP-over-Ethernet)は、PPPoEの後から開発されたインターネット接続方法です。

最初から有線LANを使う前提で開発されているため、「ネイティブ方式」と呼ばれることもあります。

IPoEの特徴は、拠点内にルーターなどの機器を置かずに、ダイレクトにインターネットに接続できる点です。(上の画像の赤いラインの部分です)

IPoE接続サービスに申し込めば、特に周辺機器を用意したり設定したりすることなくインターネットが使えるようになります。

 

IOT Naviの前田
IPoEの方が、大容量のデータ通信に適した次世代の接続方式と言えます。

 

年間120万円の通信コスト削減の事例も!中小企業のためのIT環境無料見直し

 

PPPoEとIPoEの違い① 通信速度

PPPoE IPoE 違い

IPoE接続の方がPPPoE接続よりも通信速度に優れています。

その理由は、「ネットワーク終端装置」がIPoE接続の方にはないからです。

 

ネットワーク終端装置とは、インターネットにつなぐために回線事業者が設けている装置のことで、PPPoEの場合はこの装置を通って初めて接続ができます。

つまりPPPoEの場合、インターネットの利用者が多い時間帯はネットワーク終端装置が混雑することになり、速度低下が起こります。

 

IPoEはネットワーク終端装置を経由しない接続方法です。その代わり、通信容量の大きいゲートウェイルーターを使います。そのため速度低下が起こりにくいのです。

 

オフィス業務のムダ・ダブりをITで解決する方法を教えます。無料のネットワーク環境チェックはこちら

 

PPPoEとIPoEの違い② 閲覧できるWebページ

実はインターネット上のWebサイトやWebサービスは、PPPoE接続で閲覧できるものとIPoE接続で閲覧できるものに分かれます。

インターネットの世界が2つあり、それぞれPPPoEとIPoEのどちらかにのみ対応しているというイメージです。

 

もう少し具体的に言うと、PPPoE接続で見られるWebページは、「IPv4(IPアドレス第4バージョン)」が割り当てられているものです。

対してIPoE接続では、「IPv6(IPアドレス第6バージョン)」が割り当てられているWebページが見られます。

 

接続方法の違いで見られるWebページと見られないWebページがあるのは、不便に感じられるかもしれません。

しかし現在は、PPPoE接続(IPv4)から、より大容量のデータが高速で通信できるIPoE接続(IPv6)への移行期です。

そのため、両方のWebページが閲覧可能になるような技術も提供されています。

 

例えば現在の接続方法がPPPoEであれば、「IPv6トンネル対応アダプター」などの機器を追加することで、IPv6対応のWebサイトも閲覧可能になります。

また、現在の接続方法がIPoEであれば「IPv4 over IPv6」というサービスを利用することでIPv4のWebページが閲覧可能になります。

 


 

PPPoE接続とIPoE接続の違いのまとめ

  PPPoE接続 IPoE接続
接続方法 IDとパスワードで要認証 自動接続
通信速度 遅い 速い
閲覧できるWebサイト IPv4が割り当てられたもの IPv6が割り当てられたもの
※↑ただし、シームレスに切り替えができる機器やサービスを使えばどちらのWebサイトも閲覧できる

 

現在の回線がPPPoEかIPoEのどちらか調べる方法

今あなたが接続している回線がPPPoEなのか?IPoEなのか?は、パソコンの設定画面から確認することができます。

 

例)Windows10の場合

①画面左下のWindowsマークを右クリックし、「設定」をクリックします。

windows 設定

 

②「ネットワークとインターネット」をクリックします。

win10 設定

 

③「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

アダプターのオプションを変更する

 

④有効な接続の上で右クリックし、「状態」をクリックします。

回線チェック

 

⑤PPPoE接続(IPv4)とIPoE接続(IPv6)がそれぞれ有効になっているかが表示されます。IPv6の方が「ネットワークアクセスなし」と表示されれば、今使っている回線はPPPoE接続です。

PPPoE IPoE 接続確認

 

IOT Naviの前田
Mac OS( X10.7以降)の場合、確認方法は次の通りになります。

①アップルメニューから「システム環境設定」をクリック
②「ネットワーク」をクリック
③「ネットワーク環境」から「自動」をクリック
④有効な接続をクリック
⑤IPv6アドレスが表示されるか否かを確認
表示されない場合はPPPoE接続

 

快適なインターネット環境を作るなら?

サクサク動く快適なインターネット環境を求めるなら、間違いなくIPoE接続の回線です。

特に、VPNを使うなどして通信量が多くなる法人においては、遅延の少ないIPoE接続の方が業務がはかどります。

ただし、IPoE接続では閲覧できるWebページが限られます。

そこで、前述したような「IPv4 over IPv6」という技術を使って、閲覧できるWebページの制限を取り払うことができます。

 

これからインターネット回線の契約を検討するなら、次世代の接続技術であるIPoEで、なおかつ「IPv4 over IPv6」にも対応したプランを選ぶのがおすすめです。

 

IOT Naviの前田
インターネット回線選びは、快適性とコストの両面から考える必要があります。

サービスによって速度が異なる場合もあるので、いくつかを見比べて検討するのが望ましいです。

もしも貴社のインターネット利用状態に合った回線が分からない場合は、弊社で無料アドバイスをいたします。

>>こちらからお気軽にご連絡下さい。

 


 

テレワーク・RPA・AI・IoT
生産性の高いスマートオフィスに、
あなたの会社は対応していますか?

 

最初に契約した通信プランが何年もそのまま。ネットワーク環境が見直された記憶もないなぁ・・・

IOT Naviの前田
そんな時は、ぜひ弊社の無料サービス【ネットワーク環境の”見える化”】をお試しください!

 

【ネットワーク環境の”見える化”】がきっかけで、
このようなお喜びの声をいただいています。

▼▼▼

Check!

  • 毎月の通信コストが下がり、「年間120万円の経費削減」に!
  • 本部スタッフの稼働時間が「30時間/月」削減!
  • 漏洩してはならない顧客情報のセキュリティが強固に!
  • テレワーク環境をスムーズに構築!
  • 業務がサクサクはかどる通信環境になった!
  • ITの有効活用について個別相談ができた!

 

社内のネットワーク環境を把握して最適化することは、数ヶ月後、数年後の業績に大きなプラスとなります。

あなたの会社もネットワーク環境を見える化し「ムダを省き生産性を上げるポイント」を見つけてみませんか?